売掛金を現金化して当座の資金を確保

仕事中の男性

売掛金は将来的に支払われるお金であるため、今すぐ現金が必要なときには役に立ちません。会社経営では突発的なトラブルが付き物ですから、まだ集金の時期が来ていないときに限って、お金が入用になることがあるものです。そういう時、この売掛金を今すぐ現金化して頭金にできれば……と考えたことがある人もいらっしゃると思います。そんな時にお勧めしたいのがファクタリングサービスです。
ファクタリングは売掛金を譲渡することで、現金を受け取ることができるサービスです。これが金融機関からの融資と決定に違うのは、ファクタリングで得たお金は借金にはならないということです。銀行から融資の審査を受けるさい、負債(借金)の有無は重要なファクターです。ですから、返済の目途が立たない限りむやみに融資を受けるのは危険なのですが、ファクタリングであれば、そういった心配はなく現金化した売掛金はいわば「まっさらな」お金ということになります。
以上見てきたように、ファクタリングは安全に売掛金を現金化できるという、利点が満載の非常に嬉しいサービスになっています。ただし、売掛金はいろいろと条件がついていることもありますので、不明な点があればファクタリングの専門会社に相談してみましょう。

健全な資金調達手段として国も推奨

本来は期日に取引先から入金されるはずの売掛金ですが、ファクタリングなら早くて即日に現金化できる事は多くの企業経営者が知っている常識です。しかし今までファクタリングによる運転資金調達を利用した事が無い事業主であれば、売掛金を業者へ売却するという行為に何かしら抵抗感を感じる事もあるかもしれません。運転資金調達のために行うファクタリングですが、実は政府も推奨する正当な金策手段だという事を認識しておきましょう。
参議院経済産業委員会が調査した結果、現代日本における一般的な中小企業の資金調達源において、「売掛債権」を利用するケースはかなり低いという事が分かりました。日本で眠っている活用されていない売掛債権の額というのは、実に数十兆円を超えるとも言われています。そういった事情があるため、政府は新たな資金調達手段として売掛金を運転資金に変換させるファクタリングを奨励するようになりました。
資本主義の世界においては、会社運営に必ず必要な運転資金というコストがあります。イレギュラーな事態によって必要な運転資金が用意できなかった時は、経営における大ピンチを招く深刻な状況です。ファクタリングに対して怪しいイメージを持っている経営者もいますが、きちんと国が認めた正当な資金調達方法だという事をよく理解しておくのを推奨しておきます。

売掛金を資金化できるサービスを活用

将来安泰の大手企業ならともかく、中小企業は常にチャレンジし続けなければ時代の流れに呑み込まれてしまいます。そうならないためにも新規事業を立ち上げて、どんどんアグレッシブに行きたいところですが、業績が今一つの会社の場合、金融機関はなかなか融資に応じてくれません。現金自体はないけれど、売掛金はある。しかし、支払日はしばらく先だし、どうにかこれを資金かできないものか…。こういった状況で金融機関以上に役立つのがファクタリングです。ファクタリングは、売掛金を資金化できるサービスのことですが、これは融資とは全く違った現金調達ということもあって、現在人気を集めているサービスなのです。
売掛金を資金化できるファクタリングの最大のメリットは、「借金をしなくて済む」というところです。売掛金を売却するのですから、質屋に物を持って行って資金化すると考えればイメージしやすいと思います。そのため、増えていく金利や返済期日に頭を抱える必要は全くありません。また、融資なら審査にそれなりの時間を取られてしまいますが、優良なファクタリング取り扱い会社であれば、即日で現金を用意してもらうことも可能です。金融機関以外の資金調達の手段としてはかなり優秀なファクタリング、覚えておいて損はありません。

contents

new information