ファクタリングは売掛金に見合った金額の取引

男性

ファクタリングという言葉が少しずつ知られているようです。売掛金の売買によって資金調達をする方法であり、融資や借入とはまた違った方法で企業に必要な資金を得る方法です。売掛金があれば誰でも利用出来るサービスなのですが、ここで一つ注意しなければならないことがあります。
融資や借入というのは様々な審査や担保、保証人などを必要とする代わりに、希望するだけの資金を得られます。いずれは返さなければならないお金ですが、それだけ多額の資金を得られるかもしれません。ですがファクタリングはあくまでも売掛金による売買です。必要な資金だけ欲しいと思ったら、それに見合った売掛金が必要になります。そのため用意出来る売掛金以上の資金を要求したとしても、それはファクタリング会社にとって不当な取引になります。ここを勘違いしてはいけません。
ですが逆にいえば保有している売掛金が高ければ高いほど、得られる資金の上限があがっていくということです。ファクタリング会社によっては上限は5000万円であったり、1億円であったりと様々です。もちろんあまりにも高い取引ばかりではなく、小さな金額であっても問題ありません。それに見合った売掛金が必要になりますが、スピーディに、そして大小様々な取引を可能とするのがファクタリングなのです。

contents

new information